基礎編


陰陽と五行

「五行」と「陰陽」は実は別々の概念。ふたつを組み合わせることにより、病気の原因をより詳しく分類することができるようになった、古代中国の大発明です。

 

ただしどちらも「哲学」なので抽象的です。東洋医学を独学でまなぶ人はココで挫折します。深入りしないで、さらっと解説します。


陰陽とは?

この勾玉みたいなのが「太極図」です。

白が「陽」で黒が「陰」です。

 

陰陽は「日が当たるか当たらないか」という視点からはじまったものです。

日が当たって暖かく明るいものを「陽」

日が当たらなく冷たく暗いものを「陰」

単純に考えてください。

 

上は「陽」で、下は「陰」

昼は「陽」で、夜は「陰」

夏は「陽」で、冬は「陰」

表は「陽」で、裏は「陰」

 

男は「陽」で、女は「陰」ですが、女性だけを見ると上半身は「陽」で下半身は「陰」になります。

 

男っぽい女性もいます。女っぽい男性もいます。ひとりの中に女性的な部分と男性的な部分もあります。

 

陰陽は絶対的なものでも、固定的なものでもないのです。



五行とは?

中国古代人は、世の中のモノが「木・火・土・金・水」の5つからできていると考えました。

 

広大な中国では、黄河を中心にして、四方の地域の土の色、生産物、風土をこの5つで考えます。

 

「木」は燃えるから「火」を生み出す。

「火」が燃えると灰ができ「土」になる。

「土」の中には「金(金属)」がある。

「金」の表面には「水(水滴)」がつく。

「水」を撒けば「木」が生えてくる。

 

この、お互いを生む関係を「相生」とよびました。また、牽制しあいバランスをとる関係を「相克」とよんだのです。



陰陽と五行の応用

古代中国人はすべてのモノが5つに分けられると考えていました。

 

これを人体に応用したものが「五臓六腑」です。

「中身が詰まっている」のが「五臓」です。

「中が袋や筒」なのが「六腑」です。

 

五臓は五行でいうと、

木=肝、火=心、土=脾、金=肺、水=腎

となります。

 

六腑は五行でいうと、

木=胆、火=小腸、土=胃、金=大腸、水=膀胱となります。

あまったひとつは「三焦」といい名前だけあって形のない臓腑と呼ばれます。

 

ちなみに五臓は重いので「陰」です。

六腑は軽いので六腑は「陽」です。

 

たとえば「肝」と「胆」は陰陽の関係なのでお互いに影響しあいます。五臓と六腑の関係を「表裏関係」ともいいます。