脾胃は倉廩の官

脾(ひ)と胃はペアで仕事をします。

倉廩(そうりん)とは倉庫の意味です。

食べ物を貯めて、栄養にするのですね。

 

胃、小腸、大腸、胆嚢、膀胱、三焦の六腑は消化に関わります。

 

脾は六腑の監督としてスムーズな消化、吸収のために働いています。


脾は運化を主る

運化(うんか)とは、食べたものを消化して出来た栄養を、全身に送る働きをいいます。

 

運は運ぶ、化は変化させるという意味です。食べたものを「栄養」と「水液(必要な水分)」に変化させて、運ぶということです。

 

食べたものをうまく運化できないと、消化不良で下痢になります。栄養がうまく作り出せないので、気虚(エネルギー不足)や血虚(血の不足)がおこります。

 

水分をうまく運化できないと、むくみの原因になります。動かない、使えないむくみは不要な水分で「湿」と言われます。また「湿」が集まると「痰」になります。なので「脾は生痰の源」と呼ばれます。

脾は昇清を主る

昇清(しょうせい)とは、食べて出来た「清いもの=栄養」を昇らせることです。顔や頭まで昇らせます。なのでうまく昇清ができていないと、頭がぼーっとなったり、めまいがしたりします。

 

昇清のもうひとつの働きは、内臓が下垂しないようにキープすることです。昇清が衰えていると胃下垂、内臓下垂、子宮脱、脱肛などになります。

 

 

脾は統血を主る

統血(とうけつ)とは、血が脈から漏れ出ないようにする働きです。

 

統血がうまくできていないと、すぐに内出血ができます。血便、血尿、女性の不正出血も含まれます。

 

肝の蔵血が「貯蔵と分配」、心が「ポンプ」だとすると、脾の統血は「血が漏れない」ようにします。

脾は生血を主る

生血(せいけつ)とは、血をつくる働きです。なので「脾は気血生化の源」と呼ばれます。